司馬遼太郎を通販で買うなら

            

竜馬がゆく(一)

価格:5,435円 新品の出品: 中古品の出品:1,798円
コレクター商品の出品:3,600円
カスタマーレビュー
総発行部数2500万部超! 坂本竜馬の奇蹟の生涯を壮大なスケールで描く、司馬文学の金字塔、遂に電子化!土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!第1巻/生まれ落ちたときから背中一面に旋毛がはえていたため、豪気な父は、”千里の駿馬”になるかもしれないと、竜馬と名付けた。が、十二になっても寝小便する。近所の子から「坂本の寝小便ったれ」「坂本の泣き虫」 とからかわれ泣かされて帰ってくる。字を満足に覚えられず、寺子屋の師匠に見捨てられる。そんな竜馬は、十四歳の時に小栗流の道場に通いはじめてから、にわかに顔つきまで変わっていった。竜馬は強い――。幼年時代から、江戸での剣術修業、奥手だった青年時代、人斬り以蔵、桂小五
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

価格:702円 新品の出品:702円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:440円
カスタマーレビュー
青春小説の名作が読みやすくなって再登場。前半は、奥手だった幼年期から、剣術修行、脱藩、勝海舟との出会いと海軍塾設立までを描く
竜馬がゆく 1 (文春文庫 し 1-9)

価格:1,080円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:680円
カスタマーレビュー
維新史の奇蹟といわれた坂本竜馬の型破りな性格、思想を、それに見合う雄大なスケールで描く。文庫版では八分冊。(一)は「門出の花」から「安政諸流試合」まで。
竜馬がゆく〈1〉 (1981年)

価格:810円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,500円
カスタマーレビュー
維新史の奇蹟といわれた坂本竜馬の型破りな性格、思想を、それに見合う雄大なスケールで描く。文庫版では八分冊。(一)は「門出の花」から「安政諸流試合」まで。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
竜馬がゆく 1

価格:810円 新品の出品: 中古品の出品:787円
コレクター商品の出品:1,299円
カスタマーレビュー
維新史の奇蹟といわれた坂本竜馬の型破りな性格、思想を、それに見合う雄大なスケールで描く。文庫版では八分冊。(一)は「門出の花」から「安政諸流試合」まで。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
国盗り物語(一)(新潮文庫)

価格:821円 新品の出品: 中古品の出品:219円
コレクター商品の出品:3,799円
カスタマーレビュー
世は戦国の初頭。松波庄九郎は妙覚寺で「知恵第一の法蓮房」と呼ばれたが、発心して還俗した。京の油商奈良屋の莫大な身代を乗っ取り、精力的かつ緻密な踏査によって、美濃ノ国を〈国盗り〉の拠点と定めた! 戦国の革命児斎藤道三が、一介の牢人から美濃国守土岐頼芸の腹心として寵遇されるまでの若き日の策謀と活躍を、独自の史観と人間洞察によって描いた壮大な歴史物語の緒編。
国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)

価格:810円 新品の出品:810円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:890円
カスタマーレビュー
貧しい油売りから美濃国主になった斎藤道三、天才的な知略で天下統一を計った織田信長。新時代を拓く先鋒となった英雄たちの生涯。
斎藤道三 国盗り物語 前編

価格:864円 新品の出品: 中古品の出品:106円
コレクター商品の出品:300円
カスタマーレビュー
貧しい油売りから美濃国主になった斎藤道三、天才的な知略で天下統一を計った織田信長。新時代を拓く先鋒となった英雄たちの生涯。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。
国盗り物語〈第1巻〉斎藤道三 (1965年)

価格:1,080円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー
貧しい油売りから美濃国主になった斎藤道三、天才的な知略で天下統一を計った織田信長。新時代を拓く先鋒となった英雄たちの生涯。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。
この国のかたち(一) (文春文庫)

価格:810円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,999円
カスタマーレビュー
日本は世界の他の国々とくらべて特殊な国であるとはおもわないが、多少、言葉を多くして説明の要る国だとおもっている――長年の間、日本の歴史からテーマを掘り起こし、香り高く稔り豊かな作品群を書き続けてきた著者が、この国の成り立ちについて研ぎ澄まされた知性と深く緻密な考察をもとに、明快な論理で解きあかす白眉の日本人論。